いっぱい間違って!

セルフアップ英会話では、先生と生徒の合言葉のようなものがあります。

「英語を言い間違えたら、大変?」           「NOOOO!」😱
「英語を忘れてしまったら、悪いこと?」        「NOOOO!」😱😱
「もし間違えたら、公園まで飛んで行ってしまう?」「NOOOO!」😱😱😱
「分からない時は、黙ってモジモジする?」    「NOOOO!」😱😱😱😱

間違う事は、一生懸命、挑戦している証拠です。

モジモジして「分からないの?」「大丈夫?」「トイレなの?」と言われるのを
待っているのは、日本でしか通用しません。 それは相手を思いやる日本のいい所ですよね。
しかし英語圏では文化が違うので自分で言わないといけません。
この話はまだまだお話ししたいのでまたの機会にしましょうね。

教室で教えているのは、英語を間違えても何も起らないという事です。

1回目に間違えても、次に言えればいいんです。

2回目でまた間違えても、3回目、挑戦すればいいんです。

諦めずに練習すると絶対できるようになります。

「間違ってもいい」「モジモジのほうがだめ」を慣れるのは、日本の学校に通っている子供たちにはほんとにたいへんです。
英語を覚えるよりたいへんかもしれません。ですがこの初めの山を越えると、あとから出てくる山は、山とも思わなくなります。

クラスで子供たちは、よくsnails(カタツムリ)とsnakes(ヘビ)を間違います。
でも、何度も間違ってくると自分で言っています。
「snakesは、ヘビだから、答えは、“snails”!! 」
間違っても何度も練習した成果が出ています。

「間違いは、成功の基」とはよく言ったものですね。
You never truly lose until you stop trying.

お問い合わせContact

06-6556-6894

(9:00〜18:00 日曜・祝日を除く)

arrow_upwardページの先頭へ戻る